スマートフォンサイトはこちら

はせがわ つなぎます。心と、いのちと、人。

ABOUT経営理念

MISSION はせがわの使命

「心の平和と生きる力」を自らと人々が実現することを私たちの使命とします。
その実現のために必要なサービスや商品を構想し、提供しつづけ、さらに「新たな心の産業」を創り出します。

VISION 会社のめざす姿

衆知を集め、時代や価値観の変容に沿った、柔軟な企業活動を行ないます。
親しまれ、必要とされ、大切にされるオンリーワン企業をめざします。
事業の主体である社員の自己実現と、その家族の幸福(しあわせ)を追求しつづけます。

PRIDE 社員の姿勢

ナゼか ナゼか どうするか

もっとお客さまの立場に立つ
もっと良い方法はないか知恵をしぼる
もっと深く読み、先を見とおす
もっと成長し、もっと仕事を楽しむ

人々は、常に「心穏やかでいたい」「しあわせな人生を歩みたい」という想いを抱いています。それは今も昔も変わらない、共通の想いではないでしょうか。

創業以来、私たちは「大切な方を喪った人々」を対象に、伝統的な様式や習慣に根差した“供養”という分野において、人々の想いに寄り添ってきました。その過程では、お仏壇製造の工業化やチェーンストア展開など、伝統的な業界に風穴を開ける革新的な取り組みを行なうことで、多くのお客様の支持をいただいてきました。

創業80年を機に、これまでの事業意義を「心の平和と生きる力の実現」と総括し、改めて企業理念として掲げました。これは、お客様のニーズが、「量」や「モノの豊かさ」から、「質」や「心の豊かさ」へシフトしたことを受けたものです。

“供養”の分野においても、こういった変化へ対応し、私たちは“新しい供養”への展開を模索しています。また、さらに領域を広げ、日常的な「祈り」や「願い」にまつわる分野でも、人々の想いを実現したいと構想しています。そのためには、従来のビジネスモデルから変革することが大きな課題です。この課題に取り組み、「心の平和と生きる力を実現」し続けていく先進的な企業であることが、社会に対する使命であると考えています。

中期経営計画(2019.4~2022.3)

3つの戦略軸により持続的成長を目指す


前中期経営計画期間において、当社は「顧客価値経営への転換」を掲げてまいりました。これは、事業変革の着想点を「販売側の視点」から「顧客視点」に切り替える、つまりお客様を起点として変革を遂げるという考え方です。

この考え方に基づき、当社はお仏壇、お仏具、お墓、屋内墓苑といった商品開発、地域性に則した最適な品揃え、お店づくりを含めた商品の演出方法、コンテンツの発信など、さまざまな革新を推し進めてまいりました。

当中期経営計画期間においては、お客様を起点とした個々の分野の革新活動は継続しつつ、統合的な事業の進化を目指し、3つの戦略軸を策定いたしました。各戦略軸の実行をとおし、持続的な成長を実現いたします。

戦略軸1「既存店の活性化」

既存顧客をターゲットとする『「既存店ビジネス」の創造的破壊と再構築(活性化とコスト構造改革)』によって、成長のための原資を生み出すと共に人と組織の成長を促す。

戦略軸2「新たな店舗モデルの確立」

これまで当社と接点が無かった新しい顧客の潜在ニーズを喚起し創発する要素を備えた“新モデル店”の仮説・実験・検証を行ない、プロトタイプを確立・展開する。

戦略軸3「新規事業の開発」

これまでの当社のノンカスタマーをターゲットとし、その未充足ニーズに応える顧客価値を提供する事業を開発する。

お問い合わせはこちら