スマートフォンサイトはこちら

はせがわ つなぎます。心と、いのちと、人。

GROUPはせがわグループの取組み

「信は荘厳より」。信じる心は御仏を荘厳(しょうごん)する形によって啓発される――。
この言葉は、はせがわのものづくりの精神を象徴した言葉です。
細部まで気を配り、心を込めて商品とサービスをお届けする...、
はせがわでは仕事を通して生命(いのち)あるものすべてが調和し、輝き合える世界をつくっていきたい、という創業以来の理念を守り抜いています。
それは、伝統の技とともに「祈りのこころ」を未来に継承していくことであると考えています。
だれもが自然と手を合わせ祈るその心は、世界に誇る美しい日本の姿です。
はせがわはこの温かな心と触れ合えることを誇りにしています。
「日本の美とこころを次の世代に」。それが、はせがわグループの使命だと考えております。

  • 国宝、文化財の修復

    千年の命を吹き込む技、
    はせがわのものづくり
    日本の祈りのこころ

    幾久しい歴史を超えてそこに在るものに、新たな光と輝きを取り戻すこと。
    修復という仕事は、日本の技と心を未来に伝えていくことにほかなりません。

    国宝、文化財の修復
    • ・京都・本願寺阿弥陀堂御宮殿(国重要文化財)
    • ・清水寺開山堂御厨子(国重要文化財)
    • ・熊本城本丸御殿(国宝)
    • ・太宰府天満宮本殿(国重要文化財)
  • 担い手の育成

    技術を継承
    東京藝術大学「お仏壇のはせがわ賞」

    技術を継承することは、日本のこころを次の世代につなぐこと。
    文化財保護を担う技術者の育成に貢献することを目的とし、東京藝術大学 大学院美術研究科
    文化財保存学保存修復専攻修士課程 卒業最優秀作品に「お仏壇のはせがわ賞」を授与させていただいております。

    技術の継承 東京藝術大学「お仏壇のはせがわ賞」
お問い合わせはこちら